相続税申告遺産相続手続き 更新  2017年10月5日
ご連絡先  03-3556-8114

 

........

会計事務所 求人募集

 

相続税申告 税理士選びのコツ

インターネット上たくさんの相続税の申告を
請け負うWEBサイトがあります。

これだけあるとどこに依頼したらよいか悩みますよね。

まったくの私の独断と偏見でものを申しますと次のような
基準で選んだらよいかなと思います。

(あくまでご参考で、みなさん全員がそうだとは限りません)

 

相続税の申告を何度も手がけている税理士さん

やはり、経験をたくさん積んでいる税理士さんがよいでしょうね。

亡くなった人のうち、全国で5%ほどの人しか相続税の申告対象と
ならないのですから、相続税の申告書を書いたことがない税理士さん
たくさんいます。

私の感覚ですが、税理士さん5人いたら4人ぐらいは
相続税の申告書を書いたことがないでしょうね。

それ程珍しい仕事なんです。 相続税の仕事は。

 

相続税申告で公認会計士さん?

公認会計士さんの本来の仕事は監査です。
大企業の決算数値が合っている・合って
いないなどの監査です。

仕事の分野、違っていませんか?

では、なぜ相続税の仕事もやっているかというと
公認会計士になると、税理士の資格がおまけに
付いてくるんですね。

相続税法という難しい勉強・試験を通らなくても。
(名刺等で公認会計士・税理士と両方の肩書きが付いている人が該当)

でも、公認会計士という難しい試験を通る方達なので
相続税の申告は、出来なくはないかもしれません。

 

税務署を退官し税理士となった方?

税務署を退官された方も、一定の年数税務署で働くと
税理士の資格がもらえるんですね。

相続税等の資産税部門で長年やっている人は別にして
徴収管理関係等全然別な分野の仕事を長年やっている人に
相続税申告等税務分野で難しい仕事できるのでしょうか?

 

相続税申告料金の安さだけをうたっている所?

ネットの世界では、料金をすごく安くして相続税の仕事を
請け負っている所がありますがなぜでしょうか?

相続税の申告作業は、薄利多売の商売に むく仕事ではありません。

事前の相続税対策 相続財産の評価 遺産分割のやり方
その他の計算等 お客さまごとの状況により、節税は
異なってきます。

考え方・組み方・申告の仕方により、相続税の節税額は
数百万円から数千万円の違いがでてきます。

そのため、申告・節税作業には時間が必要です。

薄利多売形式ですと、節税を考えなければ数をこなし
やっていけるかと思いますが、お客様のためになって
いますか?

当事務所ではとてもマネは出来ません。

数十万円の相続税申告料金の安さを取るのか
支払う相続税の税金の安さ(数百万円〜数千万円)を
取るのか ぜひご検討をお願いします。

なお、当事務所はネット外の市中の平均的料金かと思います。
(お寿司屋さんの時価??ではありません。)

事前に相続財産を把握し、御見積り料金を
ご提供しております。

御見積り料金をご提供後、お申込をするか否かを
ご判断していただければと思います。

 

■ いいね!ボタン ポチッと & Twitter

皆様により良い情報を発信していきたいと思います。
いいな〜と感じたら、ポチッと「いいね!ボタン」をクリック&ツイート。

........