相続税申告遺産相続手続き 更新  2017年10月5日
ご連絡先  03-3556-8114

 

........

会計事務所 求人募集

 

相続人は誰 ?

相続人と言われても誰がなるんだろうと 疑問に思う人が多いと思います。
相続人は民法と言う法律によって決められます。
ではその法律の中で誰が相続人となるか、見てみましょう。

1.配偶者

配偶者は亡くなった人の妻(夫)で どんな場合でも
相続人となります。

なぜなら、亡くなった人と一緒に残された財産を協力して、
築き上げたのですから 配偶者が1番財産の分け前が多いのも納得です。

2.子供

亡くなった人の子供は第一順位で相続人となります。
配偶者と子供が残された遺族であれば、配偶者は2分の1、
子供も2分の1の財産の分け前があります。

例えば、妻と子供A・Bの2人が相続人だとしたら
妻は2分の1、
子供Aは 1/2×1/2=1/4
子供Bも 1/2×1/2=1/4 
の財産の分け前があります。

3.父母

亡くなった人に子供及びその孫達がいなければ、
今度は、血筋の上を見ていきます。

すなわち、父母が相続人となります。
この場合父母は第2順位で相続人となります。
財産の分け前は、配偶者と亡くなった人の父母が
相続人であれば

配偶者 2/3
父母 1/3 
(さらに細分化され、父1/3×1/2=1/6 母も同じ1/6)
となります。

4.兄弟姉妹

亡くなった人に子供、父母等の血筋が上の人もいないと、
最後、第3順位で兄弟姉妹が相続人となります。

この場合の財産の分け前ですが、
配偶者は3/4、
兄弟姉妹は1/4
となります。

例えば、妻と兄妹が相続人だとしたら
妻は 3/4
兄は 1/4×1/2=1/8
妹も 1/4×1/2=1/8
となります。

法律では、兄弟姉妹にまで、財産が分けられるんですね。
本人たちにとって、お得な制度ですね。

5.その他の相続人

今まで、第3順位まで、相続人となる人を見てきましたが
まだまだ相続人となれる人がいます。

例えば次の様な人
@ 養子
A 認知された子
B 代襲相続人

細かい所は、ご相談頂くとし、映画などでは、
シンデレラボーイ、シンデレラガールとして、
突然多額の遺産を相続する事となり、 大金持ちとなる人もいます。

 

■ いいね!ボタン ポチッと & Twitter

皆様により良い情報を発信していきたいと思います。
いいな〜と感じたら、ポチッと「いいね!ボタン」をクリック&ツイート。

........