相続税申告書計算手続き 更新  平成29年10月5日
ご連絡先  03-3556-8114

 

........

会計事務所 求人募集

 

配偶者の相続税額軽減

1.内容

亡くなった人の配偶者(妻又は夫)が、その亡くなった人
から 相続又は遺言により財産をもらった場合には 税金を
安くしましょうというものです。

結構お得な優遇制度です。

なんと言っても、配偶者の法定相続分までもらった
財産には、 相続税がかからないものですから。

ただし、もらった財産が1億6千万円を超える場合は、
1億6千万円が限度となります。

2.要件

このすごい優遇制度を受けるには、
次の要件を備えないと受けられません。
ご注意下さい。

@被相続人の配偶者であること。
(戸籍上の婚姻関係にあること、愛人では受けられません)

A被相続人から相続又は遺言により財産をもらうこと

B相続税の申告書を提出すること

Cもらった財産は、相続人間で分割されていること。
(争いがあり、分割されていない場合はダメです)

3.計算方法

@計算は難しいので税理士さんにお尋ね下さい。
考え方は、配偶者の法定相続分(1/2・2/3・3/4)まで
もらった財産には税金はかかりません。
(ただし、もらった財産が1億6千万円まで)

A配偶者に相続税がかかるケースは、次の場合です。
イ)法定相続分以上に財産をもらった場合
ロ)もらった財産が法定相続分以内だが、
そのもらった金額が 1億6千万円を超える場合

4.税金を安くする理由

この制度は配偶者の老後の生活保障や、配偶者は
亡くなった人と 財産を一緒に作ってきたという理由により、
相続税の税金を ほとんどかけないようにしています。

 

■ いいね!ボタン ポチッと & Twitter

皆様により良い情報を発信していきたいと思います。
いいな〜と感じたら、ポチッと「いいね!ボタン」をクリック&ツイート。

........