生前贈与税 遺言書 更新  2017年10月5日
ご連絡先  03-3556-8114

 

........

会計事務所 求人募集

 

贈与税はどんな税金?

1.内容

相続税法には、相続税と贈与税が書かれています。


相続税は、人の死亡に際し、相続人が財産を
もらった場合に かかる税金のことです。

では、贈与税はどんな場合にかかるものでしょうか?
贈与税は、その年に色々な人から財産をもらった場合、
その財産をもらった人にかかる税金です。

例えば、AさんがBさんから100万円、Cさんから
200万円、 Dさんから300万円の合計600万円を
その年にもらったら、 Aさんに49万円の税金がかかります。

計算式は次のようになります。

(600万円−110万円)×10%=49万円

2.基礎控除

この計算式でわかるように、年間110万円までは
基礎控除があり 贈与税は非課税となるので、
得をした気分になります。

3.その他の贈与で非課税となるもの

他でもらっても税金がかからない制度は
次のようなのもがあります。

うまく活用して税金を納めないようにしましょう。

@贈与税の配偶者控除 2000万円まで
A相続時精算課税制度 2500万円(3500万円)
B非課税財産の贈与 制限なし

 

■ いいね!ボタン ポチッと & Twitter

皆様により良い情報を発信していきたいと思います。
いいな〜と感じたら、ポチッと「いいね!ボタン」をクリック&ツイート。

........