遺産分割協議書 更新  2017年10月5日
ご連絡先  03-3556-8114

 

........

会計事務所 求人募集

 

寄与分

1.内容

この寄与分の制度も相続人間の財産分配の公平を
図ろうとするものです。

どんな内容かといいますと、被相続人が残した
財産作りに 貢献(寄与)をした者に余分に財産を
上げましょうというものです。

例えば、被相続人が事業を行っていて、
長男がその手伝いをしていました。

長男は身内だから、事業が起動に乗るまで安い給料で
長時間働いてくれ、経営に貢献しました。

その後、事業が起動に乗り利益が出て被相続人の
財産が増えた。

こんなケースでは、長男に余分に財産を分け与えたいですね。
他の相続人たちより、被相続人の財産作りに貢献をしているのですから。

2.問題点

でも、その貢献の度合い、どう見積もったらよいのでしょうか?


通常は、相続人間の話し合いで寄与分が決まるのですが、
場合によっては話し合いがまとまらないこともあります。

そんな時は、寄与者が家庭裁判所へ寄与分の請求を出す
ことが出来ます。

その結果に基づき配分。

 

■ いいね!ボタン ポチッと & Twitter

皆様により良い情報を発信していきたいと思います。
いいな〜と感じたら、ポチッと「いいね!ボタン」をクリック&ツイート。

........